疲れの原因あれこれ

看護師の仕事は人の健康や命とも関わってくる過酷な仕事です。
それだけに少しのミスも許されないほか、過酷な業務や複雑な勤務シフトなどをこなしていかなくてはなりません。複雑な勤務シフトに携わっている職種のほとんどにいえることが、勤務シフトによっては昼夜逆転する場合もあり、肉体的な疲れのみならず、精神的な疲労もたまってきます。看護師や介護士など勤務シフトが複雑な仕事は、夜勤などが入るため昼も夜も区別がつかなくなるときがあります。そういったことからホルモンのバランスなどが崩れてしまうことも多く、そういったことから精神的な病気などにかかる場合も多いです。ホルモンのバランスの崩れや精神的な疾患などから慢性疲労を呼んでしまうことが多いのです。

Q慢性疲労はどのようにして改善させたらいいのでしょうか?

<まずは自分の慢性疲労の原因を突き止める>
慢性疲労の原因がはっきりしなければ、適切に対応することができません。自分がなぜ慢性疲労を感じるのかその原因を探る必要があります。

<原因にあった対策を考える>
たとえば仕事の過酷な状況が原因であれば、職場を変えたり、大規模な病院であれば、受け持つ科が変わるだけで勤務シフトなどが大幅に改善されることもあります。ただし、この場合、職場を変えることでさらに状況が悪化することもあるので、仕事状況を変えるときは慎重に行いましょう。

看護師は不規則な生活リズムからうつ病などの精神的な疾患にかかりやすくなります。
精神的な病気や身体的な疾患などから慢性疲労を起こしている場合は、病気を治療することで慢性疲労が改善されることもあります。ストレスが原因で慢性疲労を感じている場合は、ストレスの元を取り除くのは難しいため、ストレスを上手にかわす方法を身につけましょう。看護師の慢性疲労は看護師が仕事をやめてしまう大きな原因になっているといわれています。少しでも改善させて楽しく仕事をすることができるようになると良いですね。『看護師のための慢性疲労対策協会』サイトでも共感できる対策がありますので参考にしてみませんか?

  • Recent Posts